2015年7月4日 有田焼 伊万里焼

仙台のケータリングならゴールデンキッチン

こんにちは。

ゴールデンキッチン スタッフブログ担当の松井と申します。

110食目。

有田焼が誕生して来年で400年になります。
1616年に朝鮮の陶磁器を作る職人が日本に来て、
今の九州は佐賀県有田町で作ったものが、
日本で初めての磁器なのです。

有田で作られて伊万里港から海外へ輸出されたので、
伊万里焼とも呼ばれています。
たくさんの有田焼が海を渡り、ヨーロッパへ運ばれました。
そして王侯貴族の宮廷を彩ったのです。
西洋で有名なマイセンにも大きな影響を与えています。
マイセンの食器にはどことなく日本風の絵柄があります。

有田焼は今では高級品とされています。
耐久性があって美しい美術品です。

有田焼の器で食事をする機会があるときには、
じっくりと器を眺めて歴史を感じてしまいます。

対応エリア
※サイト内の料理画像はイメージです。実際のお料理と異なる場合がございますので予めご了承下さい。
※プランのメニューは一例です。食材の入荷状況や季節により変更となる場合がございます。

ご予約・お問合せはこちらをタップ