2016年4月8日 仙台のケータリングならゴールデンキッチン

「お腹を壊した時にはやさしい食べ物を」

仙台のケータリングならゴールデンキッチン

こんにちは。

ゴールデンキッチン スタッフブログ担当の松井と申します。

315食目。

宴会の多いシーズンです。
前日に飲み過ぎや食べ過ぎでお腹を壊したという方や、
薄着にしたらお腹を壊してしまったというお子様など見かけます。

お腹を壊すと水分・ナトリウム・カリウムが失われます。
特にお子様の場合は水分補給をしてあげてください。

原因は感染症や食べ過ぎ・のみ過ぎと冷えやストレスなどが、
多いようです。

また、過敏性腸症候群は、ストレスが原因です。
通勤通学の途中や会議や試験の前にとてもお腹が痛くなります。

ヨーグルトなどの乳酸菌で、腸内環境をよくしながら、
睡眠や休憩をしっかりととって、
自律神経のリズムを整えましょう。

お腹を壊した時の食事
症状がひどいときには消化の良いものを少しずつ食べて、
野菜スープなどを軟らかくなるまで煮たものや、
お腹に負担をかけないような薄味のものにして、
油っぽいものや甘いもの、刺激の強いものは避けてください。

治ってきたら徐々に普通の食事に戻していくことも大切です。

—————————————————————————-
ツイッターはじめました
@writer_matsui

ブログ担当松井
栄養士・ハーブコーディネーター
趣味はガーデニングとうさぎのお世話。
—————————————————————————-

対応エリア
※サイト内の料理画像はイメージです。実際のお料理と異なる場合がございますので予めご了承下さい。
※プランのメニューは一例です。食材の入荷状況や季節により変更となる場合がございます。

ご予約・お問合せはこちらをタップ