2015年4月17日 仙台のケータリングならゴールデンキッチン

仙台のケータリングならゴールデンキッチン

こんにちは。

ゴールデンキッチン スタッフブログ担当の松井と申します。

51食目。

卵料理は基本と言われますが、
ゆで卵の作り方は意外と知られていません。
それぞれに好みのゆで加減がありますが、
今回は普通の固ゆで卵をご紹介します。

できれば卵は冷蔵庫から出して常温にもどしておきましょう、
時間がなければそのままで大丈夫です。
買ってきたばかりの鮮度の良い卵よりも、
採卵日から一週間ほどたった卵の方がきれいに殻がむけます。

鍋に卵とかぶるより少し多めの水をいれます。
そこに、お酢を少し入れることで、
卵が割れた時に卵のタンパク質が固まりやすくなります。
火をつけて、沸騰したら中火にし、12分ゆでてください。
黄身が真ん中に来るように2?3分静かにかき混ぜます。
12分たったら鍋ごと水道水にさらしてください。
この時に氷を入れると冷えやすいです。
冷えたら、水の中で殻をむくときれいにむけます。
いかがでしたか?
同じ作り方の方もいらしたでしょうか?
少し慣れてきたら、ゆでる前に、卵のとがっていない部分を
少したたいてヒビを入れてからゆでる方法もあり、
きれいにむけます。

対応エリア
※サイト内の料理画像はイメージです。実際のお料理と異なる場合がございますので予めご了承下さい。
※プランのメニューは一例です。食材の入荷状況や季節により変更となる場合がございます。

ご予約・お問合せはこちらをタップ