2016年1月1日 おせちに込められた願い

仙台のケータリングならゴールデンキッチン

こんにちは。

ゴールデンキッチン スタッフブログ担当の松井と申します。

247食目。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

お正月といえばおせち。
我が家では金魂のおせちです。
といっても、大晦日に少し食べてしまうのですが、
友人に聞いてみたところ、
待ちきれなくて食べてしまう家が多いようで安心しました。
仙台ではデパートのおせちがとても人気で、
去年10月に行列で買い求める様子をテレビで見ました。

今日はおせちの基本である由来をあげてみます。
●数の子→子宝を願う縁起物です。
●田作り→昔小魚を肥料にしていたことから豊作を願っています。
●黒豆→その名の通り「黒くマメに働く」という、
健康を願う気持ちが込められています。
●ごぼう→根を張って安泰に、
細く長く幸せにと願っています。
●かまぼこ→紅白でおめでたいです。
●伊達巻→伊達政宗公が好んで食べていたとか、
伊達という言葉に正月らしい華やかさが感じられます。
●栗きんとん→金銀財宝、金運がつく縁起物です。
●海老→腰が曲がるまで長生きするという、
長寿を願う気持ちが込められています。
●昆布巻き→「よろこぶ」という縁起物です。
●煮しめ→家族が仲良く結ばれるという意味です。
おせちを食べる時は、
昔の人の願いをかみしめながら味わっています。

対応エリア
※サイト内の料理画像はイメージです。実際のお料理と異なる場合がございますので予めご了承下さい。
※プランのメニューは一例です。食材の入荷状況や季節により変更となる場合がございます。

ご予約・お問合せはこちらをタップ